MENU

世界と戦う企業

46国籍の社員と共に
「グローバルワン」を目指す

DMG森精機 株式会社

人事部 国際人事グループ
斎藤 詩織 さん

多様な文化と考えに触れ、幅広い視点を持てるように

学生時代の2度の留学経験から、語学力を活かすことができ、海外と深く関わることのできる業界を志望していました。就職活動中に日本のモノづくりを根底から支え続けてきた工作機械業界と出会い、その歴史と技術力、そして社員が誇り高く働く姿に感銘を受けて当社に入社しました。

入社後は輸出管理、教育、人事企画など様々な部署での経験を経て、現在は人事部国際人事グループで、海外駐在員の派遣・受入業務、駐在員への年次面談の実施と取りまとめ、海外支社の人事データの管理などを行っています。 DMGMORIグループ全体では46国籍の社員が働いており、非常にグローバルな環境ですが、国際人事グループにおいても、韓国籍、中国籍、海外大学院卒、帰国子女、留学経験者と様々な背景を持ったメンバーと一緒に仕事をしています。また、事務所にはドイツ、シンガポール、インド、スイス国籍などの社員も多数おり、英語で会議資料を作成したり、英語で会話しながらランチをしたりすることもあります。このように当社は多様性に富んでいるので、お互いを理解しようとする姿勢が強く、またお互いの状況への理解が深いため、自然とグローバルな視点で物事を捉えられるようになりました。

今後のキャリアプラン

実はこれから産休・育休に入ります。初めての妊娠で不安もありましたが、男性も育休を取得しやすい環境(実際に国際人事グループの男性も育休を取得しました)であるので、職場の理解が女性からだけでなく、男性からも得られたこと、自身でも仕事に対して、1時間ごとにノルマを決め、決まった時間に帰ることができるようスケジュール管理をきちんと行うことで、これまで安心して仕事を続けることができました。

育児休業取得後は復職予定です。会社の託児所や育休中の所得減を補う手厚い制度もありますので、復職の時期については家族と相談しながら決めていくことにして、まずはしっかり子育てに集中したいと思っています。

当社が大切にしている経営理念「グローバルワン」とは世界中お客様にとって1番の工作機械メーカーであること。真のグローバルワンであり続けるために、最も大切なのは人です。「人こそが財産」という当社の考えのもと、復職後はデジタルテクノロジーに代替されない働き方を意識し、人事職又は管理職として、国内外問わず、人材育成や教育の分野に注力して、活躍していきたいと考えています。

※原稿内容、役職は取材当時のもの(2020年6月)

会社データ

  • 社名:DMG森精機 株式会社
  • 名古屋本社:〒450-0002 名古屋市中村区名駅2丁目35番16号
  • 東京グローバルヘッドクォータ:〒135-0052 東京都江東区潮見2-3-23

注目企業 さまざまな業界・企業研究はこちらから

PAGE TOP