MENU

若手人材が活躍する企業

「見守られている」という安心感のなかで、大きな裁量を持って仕事に向き合える。それが成長の原動力。

大樹生命保険株式会社

人事部 人事グループ 駒形 ひとみさん

企業情報

信頼して任せてもらえる。だから自分の成長にも本気で向き合える

2020年4月に大樹生命本社の人事部に配属されましたが、それまでは新入社員研修を経て、現場の営業部に駐在し、営業職員をサポートする仕事をしていました。具体的には、提案先のリストアップや、資料づくりなどをサポートするほか、総合職として新人の営業職員の研修や営業活動のフォローを行うといった仕事です。

入社して間もない頃、何をすればいいのか分からず戸惑うこともありました。新入社員にもできるだけ幅広い裁量権を与えてくれるというのが当社のスタイル。信頼されていることを感じる一方、気負いすぎてそれ自体がプレッシャーになっていたような気もします。ただ、そんな時でも営業部長をはじめ、周りの上司や先輩に見守られているなかで仕事ができる安心感をいつも感じていました。「こうしたほうがいいのではないか?」と感じることがあっても、失敗が怖くてなかなか踏み出せないこともありましたが、上司に相談したり、ときには「失敗してもフォローしてもらえる!」という信頼関係のもと、思いきって業務を実行することで、少しずつ自分の判断にも自信が持てるようになりました。営業職員とも一緒に試行錯誤をしながら、新規開拓営業や既存顧客フォローを行い、営業職員が活動し易い環境を少しずつ作り上げることで感謝され、仕事のやりがいもどんどん大きくなっていきました。

人事部への異動が決まったときには、最初に担当した営業職員から、「駒形さんがいつも近くにいてフォローしてくれたから、安心して仕事ができました」と感謝の言葉をいただき、自分の仕事が誰かの役に立っている、ということを改めて実感することができました。

「チャレンジしたい!」という想いを尊重してくれる環境

実は私自身入社当初から人事部への配属を希望していました。就職活動中、当時の人事部・採用担当の方に本当に真摯に対応していただいたことで、私もこんなふうに誰かに安心を与えられる仕事がしたいという憧れを抱きました。当社では、「キャリアデザインシート」と呼ばれるシートに、チャレンジしてみたい仕事や希望する部署などを記載した上で、1年に1回、上司と話し合う制度があり、「人事をやってみたい」という私の意思は、会社にもしっかりと伝えることができていました。その他にも、特定のポストにチャレンジできる「チャレンジ公募制度」など、若手でもやってみたい仕事をしっかりとアピールできる機会が様々な形で用意されています。

また、制度が整えられているだけでなく、若手の意見を尊重する雰囲気や文化が根付いていると感じています。今は人事部に配属されたばかりで仕事を覚えることで精一杯ですが、そんな私の意見もしっかりと聞いてもらうことができています。私よりも1年前に人事部に配属となった先輩が、仕事の進め方から採用の方針まで、様々なアイデアを自由に発信し、のびのびと活躍している様子からも、若手の意見やアイデアを積極的に活かしていこうという当社の姿勢を強く感じます。若いうちから幅広い業務にチャレンジし、自分の努力次第で成長していけるこの環境を活かして、自分のキャリアをしっかりと構築していきたいです。

会社データ

  • 社名:大樹生命保険株式会社
  • 本社:〒135-8222 東京都江東区青海1-1-20 ダイバーシティ東京オフィスタワー

注目企業 さまざまな業界・企業研究はこちらから

PAGE TOP